お知らせ

よくある質問

主な方針

装備検討

高枝ノコ

少し遠い箇所を切りたいこともあるため、検討していく。長い棒を持つような行為は、山道で厳しいため、十分に費用対効果を説明できない。詳しい紹介がある。

変化対応

山地特徴の整理

入口を越えると問題ないも、入口が厚いことへの準備は必要。

山歩きへの傾倒

地図の検討から入るので、負担の少ない経路を選ぶとはいえ、規模を拡大する傾向にあり、装備の再考を継続的に行うものです。半径3Kmとなったため、猟師・熊対策、急傾斜地への対応を強化しています。

作業道の活用

山を知るという観点から、作業道の踏査は、学習に合った材料であると理解するものであります。

状況対策

崖を降りる

ロープなどを持ち合わせておく対策があっても良い。判断が誤っていようとも、どうにかなる手法を考えておきたい。

草むら

精神対策

山へ入る能力がないものの、対策や装備、時間の使い方などでバランスを取ります。

膝が震え、動けなくなる

近道することを優先して、判断を誤る。極端な経路で無理をする中、能力以上の急斜面に遭遇、進もうと試みるも捕まるところがないといった状況になっていた。山歩きで経路選択は強引さも必要とはいえ、地図読みの改善、ロープを常備することとしたい。

概要

登山道の他、三角点などの地点到達がために必要な山道の移動、装備の検討をまとめています。測量や地籍調査を参考に、手法や装備を学びます。

案内

装備

  1. ヘルメット
  2. 飲みもの
  3. 軍手
  4. ロープ
  5. トレッキングポール
  6. モバイルバッテリー
  7. 爆竹
  8. 長靴
  9. ノコ
  10. なた
  11. カマ
  12. チェーンソー
  13. 刈払機
  14. 立ち刈り芝生鋏
  15. 虫刺されスプレー
  16. かゆみ止め
  17. ヒル忌避スプレー
  18. 着替え

観点

軽く知識を感じられるぐらいで良い。面白いと感じられることが重要。

構成